アフターピルを通販・個人輸入するなら代行サイトがお勧め

国内でアフターピルを入手しよと思ったら、産婦人科を受診して医師から処方してもらう必要があります。

 

病院へ行くのがイヤだという場合は、ネットで個人輸入をすることが出来ますが、一番簡単な方法は個人輸入代行サイトを利用することなんです。

 

個人輸入代行サイトは、日本語で商品情報が見れてオーダーも日本語で行うことが出来ます。

 

そのため英語等が出来ない人でも、問題なくアフターピルを個人輸入することが出来るんですね。

 

支払い方法もサイトによりますが、代金引き換えやカード決済など多くの方法に対応しているので国内のお店でショッピングをしているのと全く同じ感覚で買い物が可能です。

 

もちろん処方箋なども不要で、購入制限もありません。

 

男性であってもアフターピルを個人輸入することは出来るんです。

 

国内では医師の診察を受けなければ入手出来ず、薬局でも購入することは出来ませんが、個人輸入代行サイトを利用すれば簡単に手に入れられるという事です。 
また国内ではアフターピルの購入には保険がききません。

 

病院によって価格は様々ですが、高めに設定されていることが少なくありません。

 

個人輸入の場合は、送料を含めても病院で購入するよりずっと求めやすい価格で販売されています。

 

しかし、個人輸入ではアフターピルは、海外から発送されるため国内発送よりも時間がかかる事があります。

 

ただし、スムーズにいけば海外発送でも3〜4日で手元に届く事が多いですね。

 

代行サイトを利用しない場合は、自分で海外のネットショップでアフターピルを取り扱っているお店を探し、更に日本への配送を行ってくれるかどうかを確認しなければいけません。

 

もちろん問い合わせやオーダーも現地の言葉で行わなければいけないというデメリットがあります。

 

こういった点からもアフターピルを個人輸入する場合は、代行サイトを通した方が簡単に済むのでお勧めです。

 

(宮城県 yukoさん)

 

ピル 通販

 




万が一のためにアフターピル

万が一のためにアフターピルを常備しておいたらいいと思います。避妊が確実に成功するとはいいきれません。コンドームが破れた、取れたなど、いろいろ失敗談を聞くことがあります。
男性の方も女性の方も1箱置いておけば、安心してエッチすることができます。

 

失敗してから、病院を探しても大変です。夜中に空いている病院は少ないですし、服用が早ければ早いほど、成功の確率は上がります。