尿酸値が上がる原因と尿酸値を下げる方法

わたしは健康診断のあと、お医者さんから「少し尿酸値が高いですね」と指摘を受けました。

 

わたしは「尿酸?」と首をかしげてしまいましたが、やはり30代に突入して?中年?の仲間入りをしつつある(もうしてる?)年齢で、血液検査の数値にも少しずつ異常値が見つかり始める時期なのかもしれないと思いました。

 

食生活の欧米化によって、最近ではこの?尿酸値?が高い人は増えているのだそうです。

 

最初のうちは全くの無症状なのだそうです。

 

私も特にこれといってだるいとか痛いとかはなかったです。

 

ただ、「基準値より高いので尿酸を下げる薬を出しておきますね」と医師に告げられたので、「何も症状がないのに薬?」と口には出しませんが、心の中ではそう思いましたが、よくよく調べてみると?痛風?なる恐ろしい病気にかかってしまうのだそうです。

 

それは、もう痛すぎて身動きが取れないほどで、痛風が原因で会社を休む上司も居るほどです。

 

またその痛風の延長で、尿路結石や腎臓を痛めて透析なんて事にもなったら、大変な事です。

 

そうならないうちにと医師は投薬を勧めてくれたのでした。

 

その後調べてみると、薬の他にも尿酸値を下げる食べ物やサプリメントはいくらか存在するようです。

 

まず、生活習慣病なので生活習慣を見直すことが第一です。

 

食事、運動、睡眠。

 

どんな病気を治すにも基本中の基本ですね。

 

食事に関しては肉類は適量までを守る事と、野菜中心の生活にする、炭水化物や糖類も適量を守る、濃い味のものも控えるといったところです。

 

運動に関しては、週2〜3回、ジョギングまでいかなくても、少し汗ばむ程度の運動がベストです。

 

睡眠は1日7時間ぐらいが良いと最近は言われています。

 

自分に合った良い生活習慣を守る事で、体質が改善されます。

 

また、サプリメントで効果があると言われているのが、?アンセリン?というサプリメントですね。

 

色々なサプリメントを扱う会社のものが出ているので、試してみられることをおススメします。

 

(うどん県 エブ村さん)